2014/12/22

「しらせ」の積み込みと出港式

砕氷艦「しらせ」の積み込み作業のお手伝いと出港式に行ってきました。

121106_1.JPG

121106_2.JPG

11月1日は伊藤さんの積み込みのお手伝いで大井ふ頭に停泊している「しらせ」へ。
「しらせ」に近づくにつれ、その大きさに圧倒されました。近くで見ると大変迫力があります。
伊藤さんに続いて乗船し、積み込みのお手伝いをする部屋に案内していただきました。
部屋にはすでに色々な荷物が運び込まれており、南極への出発準備が着々と進んでいるようでした。
艦内はとても広いため、迷子にならないようしっかりと伊藤さんの後をついていき、伊藤さんが設計されたという雪上用ソリも少し見せていただきました。
帰りにはすっかり日が沈み、「しらせ」はライトに照らされ幻想的な姿でした。

そして、11月11日、いよいよ「しらせ」出港の日がやってきました。
大里研究所から2名、出港式に参加させていただきました。
当日はあいにくの曇天でしたが、式が終わるまでは雨は降らずに済みました。
「しらせ」の甲板で行われた式典には、海上幕僚長はじめ統合幕僚副長ほか自衛隊関係者、乗組員家族等が参列し、大勢の人が見守る中、盛大に出港行事が行われました。
式典終了後、いよいよ出港の時が近づいてきました。
関係者やご家族からはエールが飛び交い、それに応えるように汽笛を鳴らしながら動き出す「しらせ」。
「しらせ」船上の乗組員全員が帽子を取って見送りの人たちに対して挨拶をする様子は、これから来年4月までの長く厳しい航海への決意が感じられ感動的でした。
私たちが積み込みをお手伝いした荷物もしらせと共に無事に南極へと旅立ちました。

「しらせ」積み込み手伝い

121106_3 (260x195).jpg大きな「しらせ」 121106_4 (195x260).jpg「しらせ」の横にある階段から乗船
121106_5 (260x195).jpg荷物の積み込み 121106_6 (195x260).jpg隊員の方の部屋が並ぶ廊下
121106_6_1 (260x195).jpg伊藤さんの部屋 121106_6_2 (260x195).jpgきちんと整頓されていました
121106_7 (260x195).jpg過去に停泊した港の記念プレート 121106_8 (260x195).jpg「しらせ」についてのプレート
121106_9 (260x195).jpg食堂 121106_10 (260x195).jpg自動販売機で好きなものが買える
121106_11 (260x195).jpg前方デッキ。中央部分に大型雪上車が
積み込まれているそう
121106_12 (195x260).jpg大型クレーン
121106_13 (195x260).jpgかなり遠くまで良く見える望遠鏡 121106_14 (260x195).jpg操縦席
121106_15 (260x195).jpg左の荷物を載せた白いソリは伊藤さん設計 121106_16 (260x195).jpg後方ヘリポート
121106_17 (260x195).jpg物資を空輸するヘリコプター 121106_18 (195x260).jpg伊藤さんのズボンにはいろいろなワッペンが
121106_19 (260x195).jpg日が沈んだ後ライトアップされる「しらせ」 121106_20 (260x195).jpgライトアップされた姿は幻想的でした

大里研究所の記事

  • 春に届く南極からの年賀状

    2015/04/06

    今年も伊藤太市さんが南極から投函された年賀状が、春の訪れとともに大里研究所に届きました。 南極の澄み切った青空に赤いピステンブーリーの車体と 「しらせ」が映える...

  • 「しらせ」 昭和基地に接岸!

    2015/01/15

    第56次南極地域観測隊を乗せた「しらせ」が、1月12日に極めて厳しい状況の中、昭和基地沖合に到着し、昨年に続き接岸を果たしたとのうれしいニュースが届きました。

  • 「しらせ」の積み込みと出港式

    2014/12/22

    砕氷艦「しらせ」の積み込み作業のお手伝いと出港式に行ってきました。 11月1日は伊藤さんの積み込みのお手伝いで大井ふ頭に停泊している「しらせ」へ。 「しらせ」に...

  • 伊藤さんが第56次南極地域観測隊に決定

    2014/10/23

    昨年、第55次南極地域観測隊として南極で活動された伊藤太市さんが、第56次観測隊として再び南極に行くことが決定しました。その報告のため大里研究所を訪れた伊藤さん...

  • 南極報告会

    2014/04/15

    南極から無事帰国された第55次南極地域観測隊の伊藤太市さんが大里研究所を訪れ、「南極報告会」が行われました。 南極の素晴らしさを伝えることが重要だと感じ、できる...