『Project ORI WINE』について

Project ORI WINE

大里研究所のある岐阜県大野町は、バラ苗の生産量日本一を誇り、柿の王様と呼ばれる「富有柿」の全国有数の産地としても知られています。しかし近年は農家の高齢化が進み、働き手の減少によって休耕地と化す柿畑の増加が懸念されています。そうした土地の有効利用について大野町役場の担当者から相談を受けたのが、この『Project ORI WINE』のきっかけでした。柿畑と共存できるブドウ畑を作り、地域のリタイアした人たちがいつまでも健康で生き生きと活動できるような場にすること、そんな夢を叶える活動が2012年に始まったのです。
せっかくなら、シニアの方が楽しく働き、若い人たちも従事したくなるような“お洒落でかっこいい農業”をやりたい!と、約300坪の土地に合計500株のピノ・ノワールとシャルドネを植え、南フランスをイメージした庭園風の開放的な農場を完成させました。『Project ORI WINE』が目指すのは、農薬や化学肥料に一切頼らないビオ(bio)ワイン作り。その活動の様子をご紹介します。

Project ORI Wine 記事

  • ブドウの収穫を行いました

    2017/09/15

    ブドウ畑のピノ・ノワールとシャルドネが収穫時期を迎えました! ピノ・ノワール シャルドネ 収穫時期の見極めは難しく、日々ブドウの状態を確認して糖度・pHを測定し...

  • 『ENGINE』に大里研究所の「Project ORI WINE」の記事掲載

    2016/08/05

    新潮社発行の雑誌『ENGINE』2016年9月号に大里研究所の挑戦 「ワインづくりが切り開く未来」が掲載されました。 『ENGINE』2016年9月号表紙 記事...

  • From University of California, Davis ブドウの栽培のレクチャー

    2015/05/05

    大里研究所は、農家の高齢化に伴う休耕地の増加を懸念する地元大野町からその有効利用について相談を受け、将来的に地元の人材活用や高齢者の生きがいに結びつくようなワイ...

  • ブドウの大収穫

    2014/10/22

    大野町から紹介を受けて、休耕地をブドウ畑として有効利用するプロジェクトが進められており、大里研究所はワイン作りを目指してブドウの栽培を行っています。 ブドウ畑で...

  • 春の忘れ物

    2014/03/20

    大野町からの紹介を受け、休耕田をブドウ畑として有効利用するプロジェクトが昨年に引き続き、今年も進められています。 2月25~28日にかけて、新たなブドウ畑の整地...