2017/09/15

ブドウの収穫を行いました

ブドウ畑のピノ・ノワールとシャルドネが収穫時期を迎えました!

ピノ・ノワール

20170908_wine_1.JPG


シャルドネ

20170908_wine_2.JPG

収穫時期の見極めは難しく、日々ブドウの状態を確認して糖度・pHを測定し、天候なども確認しながら最適の日を決定します。色々な条件をふまえた結果、ピノ・ノワールを8月21日、シャルドネを8月29日に収穫することになりました。
そして、いよいよ収穫日当日を迎え、朝から社員で収穫・選別・圧搾の作業を一斉に行いました。収穫したブドウの量は、ピノ・ノワールとシャルドネ合わせて昨年の約15倍にもなりました!
高温多湿な気候でのピノ・ノワールとシャルドネの無農薬ビオワイン作りという無謀な挑戦に光がさしました!

今年は毎日ブドウの成長確認として写真撮影を行い、その情報を作業にフィードバックさせました。それを積み重ねた結果、たくさんのブドウが収穫でき喜びもひとしおです。無事に収穫が終わったという安堵の気持ちを含め、たくさんの思いがつまったブドウです。


収穫の様子

20170908_wine_3.jpg 20170908_wine_4.jpg
20170908_wine_5.JPG   20170908_wine_6.jpg


収穫した大量のブドウ
写真は全量のほんの一部です!

20170908_wine_7.jpg 20170908_wine_8.jpg
20170908_wine_9.jpg 20170908_wine_10.jpg


選別作業は1粒1粒手作業で行います

20170908_wine_11.jpg 20170908_wine_12.jpg
20170908_wine_13.JPG 20170908_wine_14.jpg


圧搾

20170908_wine_15.jpg 20170908_wine_16.jpg
20170908_wine_17.jpg 20170908_wine_18.jpg
20170908_wine_19.JPG 20170908_wine_20.jpg

圧搾後のジュースは、ピノ・ノワールはブドウの芳醇な香りとすっきりした甘酸っぱい味わいで、シャルドネはフルーティーで濃厚な甘味がありました!

その他にも鍋で煮出すジュースも作り、社員全員で飲みました。


鍋で煮出したジュース
圧搾より甘味が増し、味の違いを楽しみました

20170908_wine_21.jpg 20170908_wine_22.jpg
20170908_wine_23.JPG 20170908_wine_24.jpg

今年もブドウの風味豊かな美味しいジュースができ、ワインを作ったらどんな味になるかと期待が膨らみました。

たくさんの実が収穫できたことで、ワイン作りに大きく近づいたことを感じる年となりました!

Project ORI Wine 記事

  • ブドウの収穫を行いました

    2017/09/15

    ブドウ畑のピノ・ノワールとシャルドネが収穫時期を迎えました! ピノ・ノワール シャルドネ 収穫時期の見極めは難しく、日々ブドウの状態を確認して糖度・pHを測定し...

  • 『ENGINE』に大里研究所の「Project ORI WINE」の記事掲載

    2016/08/05

    新潮社発行の雑誌『ENGINE』2016年9月号に大里研究所の挑戦 「ワインづくりが切り開く未来」が掲載されました。 『ENGINE』2016年9月号表紙 記事...

  • From University of California, Davis ブドウの栽培のレクチャー

    2015/05/05

    大里研究所は、農家の高齢化に伴う休耕地の増加を懸念する地元大野町からその有効利用について相談を受け、将来的に地元の人材活用や高齢者の生きがいに結びつくようなワイ...

  • ブドウの大収穫

    2014/10/22

    大野町から紹介を受けて、休耕地をブドウ畑として有効利用するプロジェクトが進められており、大里研究所はワイン作りを目指してブドウの栽培を行っています。 ブドウ畑で...

  • 春の忘れ物

    2014/03/20

    大野町からの紹介を受け、休耕田をブドウ畑として有効利用するプロジェクトが昨年に引き続き、今年も進められています。 2月25~28日にかけて、新たなブドウ畑の整地...