News&Topics

お知らせ

2022/03/18お知らせ

Long COVIDに対するFPPの可能性

2022.03.18_WisdomNote4_1.jpg

FPPによる感染症へのアプローチ


感染症予防の観点から、Wisdom Note Vol.1では、FPPは細胞のエネルギー工場であるミトコンドリアのATP産生を促進することから、細胞のエネルギー産生が増加し免疫細胞が十分に働くことで免疫機能が高まることをご紹介しました。また、Vol.2では、FPPが唾液中の粘膜免疫で重要な働きをする抗体、免疫グロブリンA (IgA)産生を増加し外敵の侵入を防ぐ役割を解説しました。今回は、もう少し"免疫機能"を掘り下げてFPPの感染症に対する可能性について考えてみましょう。

2022.03.18_WisdomNote4_2.jpg

細胞内にあるミトコンドリアの主な機能は、生体におけるエネルギーの通貨であるATPの産生ですが、最近の研究では、ミトコンドリアがウイルスに対する自然免疫と密接に関係していることが明らかになってきました。*1特に、RNAウイルスが自然免疫細胞内でミトコンドリアによって検知されると、ウイルスと戦うため、I型インターフェロンや炎症性サイトカインを作るといった免疫応答が進行します。つまり、ミトコンドリアの活性化は、自然免疫の司令塔を担うミトコンドリアを介し抗ウイルス自然免疫の誘導が効率的に働くための手助けとなるのです。FPPは、糖尿病発症の原因の1つとして知られるミトコンドリアの機能障害を改善し活性化することが明らかとなり、特許を取得しています。*2FPPを摂取することにより、"元気な"ミトコンドリアから指示を受けたマクロファージなどの免疫細胞がすぐさま侵入者に対して攻撃をすることが可能となり、短期間での快復に繋がると考えられます。

2022.03.18_WisdomNote4_3.jpg


2022.03.18_WisdomNote4_4.jpg

活性酸素(ROS)には、生体に"悪い"影響をもたらす "Bad" ROSと、"良い"影響をもたらす "Good" ROSという二面性が存在します。体内のROSが過剰な状態は、酸化ストレスとなり、Bad ROSが正常な細胞を傷つけるため老化プロセスの加速、アルツハイマー病や糖尿病など様々な疾患を引き起こすことが知られています。*3, 4 その一方で、Good ROSは、ウイルスや細菌などの侵入者を察知した際に、免疫細胞がROSを用いて攻撃・排除する防御機構において、その高い酸化力を発揮します。 私たちの身体は、Bad ROSを取り除くため抗酸化システムが備わっていますが、これは加齢に伴い低下するため酸化ストレスは増加します。5 FPPは、この過剰なBad ROSを軽減するため抗酸化システムへ働きかける作用を持つ一方で、ウイルスや細菌などを攻撃するためGood ROSの産生を促進し、免疫システムに働きかける作用をも併せ持つことが明らかとなっています。つまり、FPPは、身体が正常に機能するよう、必要に応じて抗酸化システムと免疫システムの双方に働きかけ、ROSの2つの相反する働きを制御します。

2022.03.18_WisdomNote4_5.jpg

まだ未知の部分が多い新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ですが、その重症化や罹患後の日常生活に支障をきたす、いわゆる"後遺症"の要因として、年齢、基礎疾患の有無やBMIなどの違いに加えて、酸化ストレスの増加と抗酸化システムの著しい機能低下が報告されています。*6, 7この傾向は、若年層のみならず加齢に伴い顕著に現れることが明らかとなっています。このことから、酸化ストレスを抑え、抗酸化物質の産生を増やすことは、抗炎症化効果による症状緩和に繋がると考えられます。また、感染症に罹患した場合、免疫機能を活かすためには栄養を摂ることが早期快復に大切です。基本的なことですが、口から食べることが生きることに繋がります。FPPは、食欲不振など胃腸障害の改善に加えて、抗酸化機能の向上・抗炎症作用に対する効果と安全性が長年の臨床研究から証明されている食品です。このことから、有効な治療法がまだ確立されていないCOVID-19の重症化や後遺症の予防に対して、FPPはメディカルフードとして新たな一助となる可能性を十分に有しています。


2022.03.18_WisdomNote4_6.jpg

新たな変異ウイルス出現の繰り返しにより、パンデミックが依然として収まらない状況が続いており、日本での感染者も相当な数となっています。その結果、COVID-19罹患後に倦怠感、頭痛、息苦しさ、集中力低下など日常生活に影響を及ぼす後遺症に苦しんでいる方々がいます。この原因は、ウイルスによる過剰な炎症などが考えられますが明確にはなっていません。また、確実な治療法もなく、完治までの期間もよく分かっていないのが現状です。このような状況の中で、皆様の健康維持のためにFPPにできることは何かを大里研究所の研究員とも議論を重ね、これまでに欧米の大学・研究機関で得た研究結果を元に、FPPによる感染症対策を提案させていただきました。

FPPの摂取は、上気道感染予防の立役者である唾液中のIgA産生を若年層だけではなく高齢者でも増強するため、感染症に対するバリア機能を高めることが可能です。その守りに加えて、ミトコンドリアの機能を維持し、活性酸素と抗酸化力のバランスを適切に保つことが、過剰な炎症から正常な細胞を守り感染症を乗り越えるための鍵となると考えています。

2022.03.18_WisdomNote4_7.jpg

引用文献:
*1. Yasukawa, K., & Koshiba, T. (2021). Mitochondrial reactive zones in antiviral innate immunity. Biochimica et Biophysica Acta (BBA)-General Subjects,1865(3), 129839.
*2. Dickerson, R., et al. (2015). Does oral supplementation of a fermented papaya preparation correct respiratory burst function of innate immune cells in type 2 diabetes mellitus patients? Antioxidants & Redox Signaling, 2(4), 339-45.
*3. Barbagallo, M., Marotta, F., & Dominguez, L. J. (2015). Oxidative stress in patients with Alzheimer's disease: effect of extracts of fermented papaya powder. Mediators of Inflammation.
*4. Okuno, Y., et al. (2018). Oxidative stress inhibits healthy adipose expansion through suppression of SREBF1-mediatedlipogenic pathway. Diabetes, 67(6), 1113-1127.
*5. Marotta, F., et al. (2012). Is there a potential application of a fermented nutraceutical in acute respiratory illnesses? An in-vivo placebo-controlled, cross-over clinical study in different age groups of healthy subjects. Journal of Biological Regulators and Homeostatic Agents, 26(2), 283-292.
*6. Kumar, P., et al. (2022). Severe glutathione deficiency, oxidative stress and oxidant damage in adults hospitalized with COVID-19: Implications for GlyNAC (Glycine and N-Acetylcysteine) supplementation. Antioxidants, 11(1), 50.
*7. Paul, B. D., et al. (2021). Redox imbalance links COVID-19 and myalgic encephalomyelitis/chronic fatigue syndrome. Proceedings of the National Academy of Sciences, 118(34).

2022.04.26LongCovid.jpg

上記の表はこちらから拡大版をPDFでご覧いただけます