Technical Partner ASTON MARTIN RACING

FIA WEC

2018年FIA WEC

WEC 富士6時間耐久レース

Race report by Aston Martin Racing official partner

10月12~14日、日本の富士スピードウェイにてWEC富士6時間耐久レースが行われ、大里研究所がオフィシャルパートナーを努めるアストンマーティンレーシングが3台のマシンで参戦しました。

20181012_WEC.Fuji_1.JPG

20181012_WEC.Fuji_2.JPG

20181012_WEC.Fuji_3.JPG
WECとはFIA世界耐久選手権(FIA World Endurance Championship)の略称で、耐久力と速さを争う世界最高峰の耐久レースシリーズです。
全4クラスのバラエティ豊かなタイプのレーシングカーが一斉に走行し、ドライバーが交代でマシンのステアリングを握ってレースを戦います。
現在のWECは2012年より復活しています。"スーパーシーズン"となる今季の2018―2019年シーズンは、2018年5月ベルギーのスパ・フランコルシャン6時間レースから始まり、2019年6月フランスのル・マン24時間レースまでの全8戦で争われます。
富士6時間耐久レースは第4戦目となりました。

耐久レースは長距離・長時間を走りきる過酷なモーターススポーツです。
大里研究所は、2005年よりFPPにてドライバーやメカニックの健康をサポートしており、FPPは世界を転戦するチームの必需品となっています。
今年も大里研究所の理事長 林をはじめとしたメンバーが富士6時間耐久レースの応援にかけつけました。
・「大里研究所とアストンマーティンレーシングの関係について」詳しくはこちらから
http://www.ori-japan.com/astonmartin/about/

13日の予選は、LM-GTE Pro クラスではアストンマーティンレーシングが今季から投入している新型車両のアストンマーチン・バンテージAMR の95号車が1位、97号車が3位、LM-GTE Amクラスでは98号車が2位と好調な滑り出しでした。
14日の決勝は、雨の中セーフティカー先導で午前11時にスタートしました。序盤は95号車・97号車がウェットコンディションの中、レースを主導しました。30分ほどセーフティカーランが続き、チームはウェットタイヤを続けるよう戦略を取りました。しかし、路面が乾いたことと別の事故が原因でフルコースイエローが延長したこともあり、ドライタイヤに切り替えたときには、そのクラストップのペースを維持することができず、最終的に順位は落としたものの、3台とも無事に完走をはたし6時間に及ぶレースが終了しました。
WECの次戦は11月16~18日の上海6時間レースです。

20181012_WEC.Fuji_4.jpg練習走行

20181012_WEC.Fuji_5.jpg

ドライバーやメカニックが
自由に食べられるようFPPを差し入れ

20181012_WEC.Fuji_6.jpg曇りの中、予選が行われる

20181012_WEC.Fuji_7.jpg

予選の様子

20181012_WEC.Fuji_8.jpg

チーム監督Johnと

20181012_WEC.Fuji_9.jpg

ドライバーたちと

20181012_WEC.Fuji_10.jpg

ピットにて

20181012_WEC.Fuji_11.jpg

ピットウォーク
ドライバーのサイン会には長蛇の列

20181012_WEC.Fuji_12.jpg 20181012_WEC.Fuji_13.jpg
車体やピットの壁にはFPPのブランド名 Immun'Âgeのロゴが

20181012_WEC.Fuji_14.jpg
小雨の中でのグリットウォーク

20181012_WEC.Fuji_15.jpg
決勝でのピットイン

20181012_WEC.Fuji_16.jpg
ピットでレースを見守る

20181012_WEC.Fuji_17.jpg
95号車
20181012_WEC.Fuji_18.jpg
97号車
20181012_WEC.Fuji_19.jpg
98号車

FIA WEC